兼山の魅力“森蘭丸”

【森蘭丸の生涯】

安土桃山時代。岐阜の美濃国・兼山(金山)にて、森成利として生誕した森蘭丸は、美男で有能かつ前途有望を織田信長に認められ、小姓として召し抱えられ出世。その後、美濃国・金山城の城主となるが、本能寺の変で織田信長を守衛するも安田国継に討ち取られ、その生涯を閉じました。国史跡の金山城は父の森可成を初め、森長可・森蘭丸・森忠政と森氏が35年間に渡って城主となり、織田豊臣政権下の拠点となりました。

 

【森蘭丸生誕地】

岐阜・兼山(可児市兼山)

戦国絵巻・若獅子森蘭丸の戦国武者行列専用サイト

主催:兼山商工会・蘭丸プロジェクツ
 

【兼山戦国武者行列ドキュメント】 
  クリックして動画をご覧ください。

【森蘭丸の兼山専属イラストレーター】

松山花子さん

森蘭丸の大河ドラマ野望を抱く漫画家。兼山の蘭丸行事に訪れるほどの愛好家。兼山の戦国武者行列ポスターなどを専属で手掛ける。

 




住まいリフォーム ショッピング
ファッション・衣料 美容・健康
暮らしサービス   グルメ・外食
製造業・工場   趣味・レジャー


会員用管理ページ

兼山町商工会 〒505-0130 岐阜県可児市兼山701-1 tel:0574-59-2117 fax:0574-59-2660